top of page
  • ookoo-ro

弁護士による金銭着服事件報道

更新日:6月5日

 宮崎県弁護士会所属の弁護士が、本来、依頼者に引き渡すべき預かり金330万円を依頼者に渡さず、着服していたとのことで、弁護士会長らが謝罪する場面を放映するニュースを見た。

 弁護士による依頼者からの預かり金着服事件の報道は毎年全国で発生しており、所属弁護士会から懲戒処分を受け、さらに業務上横領罪で刑事責任を問われる場合もある。

 依頼者からすれば、自分が依頼した弁護士を100%信頼・信用しているはずなので、その弁護士から裏切られたことによるショックは想像を絶する。

 弁護士は、他人のお金を預かることが多い仕事であるから、売上が少ない月が続くと、「事務所の預金」口座が底をつきそうになり、「依頼者からの預かっているお金」の保管用の口座からいくらかでも流用して、借金返済や経費(事務所の賃料や職員の人件費など)の支払いに充てて急場をしのぎ、いずれ売上が回復したら、流用した分を「依頼者からの預かり金口座」に戻せばいいという誘惑に駆られる。

 それを防ぐために、日弁連は、「事務所の預金口座」と「依頼者からの預かり金保管用口座」を作って、厳密に区別するよう全弁護士に指示しているのだが、結局、2つの口座を作っても、それを厳密に区別するかどうか(流用しないかどうか)は、その弁護士にかかっているというのでは、不十分である。外部の第三者によるチェックが必要だと思う。

 ちなみに、当事務所は、税理士事務所に3か月に1度、すべての通帳の入出金と入出金の明細を記録した帳簿をチェックしてもらう四半期監査をお願いしており、万一私が流用などすれば即座に、当事務所の経理担当者と税理士事務所に見抜かれてしまう体制ができているので、ご安心を。

閲覧数:91回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

プール事情今昔

子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。 今はゴーグル着用だが、「水中で目を

Comments


bottom of page