top of page
  • ookoo-ro

つばさの党の代表者等の逮捕について

 ここ最近、つばさの党の代表者と幹部が、選挙妨害容疑で逮捕されたとの報道がありました。

 テレビ画面から、選挙演説中の立候補者の至近距離から、拡声器で「ヘイ、ヘイ、ヘイ、俺の質問に答えろよ。」等と大音量で叫び続ける様子を撮影した画像が放映されていました。

 逮捕前にマスコミの取材を受けた代表者としては、「表現の自由」を行使しただけで、権力(警察)から弾圧されるような選挙妨害はしていないという主張のようです。

 確かに、太平洋戦争中の治安警察に代表される国家権力が、国民の表現活動を監視し、国家に不都合な情報を流させないように統制した過去への反省から、戦後、憲法21条は「表現の自由は、これを保障する。」と定め、国家権力に対して、国民の表現の自由を侵してはならないという戒めをしているのですが、だからといって「表現の自由」は、どんな言論でも自由にしてよいというものでないことは、同じ憲法の中に13条「公共の福祉に反しない限り・・・尊重する」との定めがあることからも、至極当然のことです。

 政治的な意見は、人によって様々ですので、今回の逮捕についても、「逮捕は当然だ。」いや「逮捕はやり過ぎだ。」など賛否両論ありますが、テレビの報道番組の中で、つばさの党の代表者が拡声器で立候補者に怒鳴り続けているその現場に遭遇した小学生低学年くらいの子供が「大人のくせに恥ずかしくないのか。」と叫んでいた姿に胸がすく思いをしたのは私だけでしょうか。

閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

プール事情今昔

子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。 今はゴーグル着用だが、「水中で目を

Comments


bottom of page