top of page
  • ookoo-ro

極楽とんぼ

更新日:7月3日

 今年の12月8日、宮崎市で開催される青島太平洋マラソン2024にエントリーした。昨年も同大会の「フルマラソンの部」にエントリーした。

 昨年は「10年前の同大会で42.195キロを6時間20分前後で「完歩」できたのだから、きっとなんとかなるだろう。」と全く練習せずに出走した。

 スタート地点のスタジアムから5,6キロメートルあたりで膝の関節が痛くなった。早歩きに切り替え、痛みをごまかしつつ歩を進めたが、痛みは強くなる一方で遅々として進まない。 

 結局、12キロメートル付近の宮崎市役所手前の橘橋を下りながら、関門手前数十メートルの地点で、ボランティアの方々の「関門閉鎖時刻」までのカウントダウンが「3,2,1、0」と響き渡り、失格者として、リタイア者専用バスに回収された。

 リタイヤ者専用バスの中はほぼ満員であったが、誰もが、ぼんやりと窓外に目を向け、押し黙っていた。

 そのときの教訓を踏まえ、今年は、フルマラソンの部ではなく、短い距離にエントリーしようとしたが、申込開始の当日に「3キロメートルの部」どころか「10キロメートルの部」も定員に達して締め切られていた。

 そこで、今年はエントリーを見送り来年再エントリーするか、定員に達していないフルに今年もエントリーするか数日迷ったが、後者にした。

 今年見送れば、2度とエントリーすることはないような気がした。「性懲りもなく」という言葉がピッタリだが、子供のころから走るのが大嫌いな自分にとって、完歩ではなく、「出走(参加)する自体ことに意義がある」と屁理屈を付けた。

 出走まで半年を切っているが、ご近所のウォーキングから始めてみようかと思っている。


 30年以上前の司法試験受験生だったころ、司法試験予備校通いをサボって将棋道場に入り浸っていた時期があった。軽い気持ちで、当時、アルバイトをしていた塾の小学校4年生くらいの男の子にその話をしたら、数日後、その男の子から「お母さんに先生のこと話したら、『極楽とんぼ』って言ってたけど、どういう意味?」と真顔で尋ねられた。


 

 

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

プール事情今昔

子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。 今はゴーグル着用だが、「水中で目を

留言


bottom of page