top of page
  • ookoo-ro

宮崎シーガイヤトライアスロン大会

 6月30日(日)に宮崎市の沿岸部でトライアスロン大会2024が開催される。

 大人の参加カテゴリーは2つで、1つは「スタンダード」。競技内容は、スイム1.5km→バイク40km→ラン10kmの合計距離51.5kmで、一般的には「オリンピックディスタンス」と呼ばれる。

 もう1つは「チャレンジ」。それぞれ0.75km→13.3km→5.2kmのミニチュア版で、初心者や体力に不安がある人向けの独自の設定である。

10年ほど前にオリンピックディスタンスの部に参加したが、その後、五十肩になったり、コロナ禍で大会が中止になったり、モチベーションが下がったりで、すっかり練習をサボってしまい、オリンピックディスタンスの部に参加する勇気は失せた。

 それでも、あのスタート直前のヒリヒリする緊張感、海中でひしめき合いながら、他の競技者と足、腕、身体がぶつかろうと気にせずに我先にと泳ぎ続ける興奮、泳ぎ終わって陸に上がった直後の足が地に着かない浮遊感、バイクにまたがって疾走する爽快感、走り終わって完走したときの充足感は、日常生活では味わえない特別なものだ。

 今年は負担軽めの「チャレンジ」の部に参加しようと思っていたが、大会開催日にあいにく他の予定が入っており、結局、エントリーを見送った。

 来年もおそらく同じ時期に開催される。60歳も近いジジイだが、来年こそエントリーしたい。

 


閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

プール事情今昔

子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。 今はゴーグル着用だが、「水中で目を

Comments


bottom of page