top of page
  • ookoo-ro

プール事情今昔

更新日:7月4日

 子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。

 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。

 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。

 今はゴーグル着用だが、「水中で目を開けろ。」という指導は生き残っているのだろうか。

 同級生に、水着で隠せない肩の部分に、手のひら大の火傷のケロイド痕が残っている女の子がいた。子供ながら「あの子はきっと水着になるのは嫌だろうな。」と不憫に思っていたが、今の子はラッシュガードがあるので、そんな思いをすることもないのだろう。

 プールに入る前に、塩素の臭いプンプンの貯水槽に腰までしっかり漬かるようにと指導を受けていた。大腸菌を殺菌するためだと教えられたが、今ではそんな浴槽は存在しないらしい。

 プールから上がった後は、シャワーで体を洗うだけでなく、2又に分岐した特殊な形の蛇口に目を近づけ、そこから噴き出す水道水で目を洗うよう指導された。プールで目にばい菌が入るので、それを洗い流すためだと教えられたが、今ではそんな蛇口も存在しないらしい。

時の流れに従って、常識はこれからも変化し続けていくのだろう。


 

 

 


閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

極楽とんぼ

今年の12月8日、宮崎市で開催される青島太平洋マラソン2024にエントリーした。昨年も同大会の「フルマラソンの部」にエントリーした。 昨年は「10年前の同大会で42.195キロを6時間20分前後で「完歩」できたのだから、きっとなんとかなるだろう。」と全く練習せずに出走した。 スタート地点のスタジアムから5,6キロメートルあたりで膝の関節が痛くなった。早歩きに切り替え、痛みをごまかしつつ歩を進めたが

Comments


bottom of page