top of page
  • ookoo-ro

カプセルホテルにまつわる思い出

 先日、「マツコの知らない世界」というテレビで「あなたの知らないカプセルホテルの世界」という特集が放映された。

 今風のおしゃれで広めのカプセルホテルから昔ながらのカプセルホテルまでいろいろ紹介された。

 私は昔ながらのカプセルホテルが好きだ。

 それは、縦横各1メートル、奥行き2メートルほどの広さで、2段ベッド式、出入りの際は、アコーディオンカーテンで開閉し、カプセルの中には、14インチほどのテレビが設置してあり、枕と薄い敷布団と毛布が1枚敷かれていて、横になると頭の斜め上にある通気口から風が吹いてきて、カプセルの中で空気がこもるのを防いでくれる。

 初めてカプセルホテルを利用したのは、最終合格する前の2年前で、司法試験の第1次試験(マークシート方式、毎年5月の第2日曜日)直前の1週間から試験前日までの間と、第1次試験の合格が発表される6月上旬ころから、第2次試験(論文式、毎年7月中旬ころ)の前日までの1か月半の約2か月間、熊本市にあるカプセルだった。

 司法試験予備校が熊本市と福岡にあったが、私の自宅から近い熊本市の方を選び、その2か月間、毎日午前9時30分に牛丼を食べ、熊本城のお堀に沿って予備校まで歩き、予備校の無料自習室で午前10時から午後9時ころまで勉強して、カプセルに帰る途中で再び牛丼を食べ、カプセルホテルの大浴場で疲れを癒やし、午後10時から午前0時までカプセルの個室の中の薄暗い照明の下で、その日の復習をして寝る毎日で、マシーンのような生活を繰り返した。

 幸い、上下の宿泊者でいびきがひどい人に遭遇したことはなかったため、大理石様のライオン像の口からお湯が噴き出す豪華な大浴場で心身ともにくつろいた思い出だけが残っている。試験に合格して弁護士になったら、その大浴場で、別の大人たちがやっているように、別料金を払ってアカスリを体験してみたいと夢見ていた。

 弁護士になってからも泊りの出張のときは、博多、新橋を利用してきたが、コロナ以降、オンライン会議が主流で、出張がとんと減った。

 さみしい限りである。

 

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

看護専門学校と市民大学

5,6年前から看護専門学校で、2年生を対象に「法と看護」という授業を担当している。週に1コマ、90分間で、受講生は20数人、看護師国家試験を目指している若者たちである。 一方、20数年前から、市民大学で、年に5回、19時30分から21時まで90分間の授業を担当している。受講生は20人前後、平均年齢は70歳から80歳の間だろうか。 看護師国家試験の受験科目は思っていた以上に広汎で、勉強は大変そうだが

新型コロナ感染

7月5日(金)の朝、のどに軽い痛みを感じた。他に異常は感じなかったので、寝冷えでもしたせいかと思い、そのまま出勤した。 同日午後から身体がだるくなったが、翌日から休みなので、定時まで仕事をした。 その夜から発熱、発汗、胸、喉の痛みが出て、6日(土)午前中、受診したら、コロナと診断された。潜伏期間を計算しても、感染の心当たりはなかった。 5日分の薬を処方されたが、5日経っても症状は改善せず、追加でも

プール事情今昔

子供の頃、暑い時期の一番の楽しみはプール授業だった。 最近の子供達は、プールの授業で、水着だけでなく、スイミングキャップを被り、ゴーグルを付け、半そでくらいの上着(ラッシュガードというらしい)を着るようである。 小学生のころ、どうしても水中で目をつぶってしまうという友がいた。その友は、授業の度に、教師から「目を開けないとまっすぐに泳げないぞ。」と叱咤されていた。 今はゴーグル着用だが、「水中で目を

Comments


bottom of page